続々・紙の絵本制作奮闘記/作っております!最終回

「ある日 犬の国から手紙が来て」バンボと仲間たち
続々・紙の絵本制作奮闘記/作っております!最終回

9月30日をもちまして

紙の絵本「ある日 犬の国から手紙が来て」バンボと仲間たちが

ご支援いただきました全ての方のお手元へ渡りました。

この度の私どものチャレンジにご賛同いただき

お力添えくださった皆さまに心より御礼申し上げます。

とともに、諸事情によるスケジュールの遅れに対し

連絡の不行き届きにより

ご心配をおかけいたしましたことを

深くお詫び申し上げます。

思い返せば

ああしとけばよかった、こうしとけばよかった…と

数知れぬ後悔が頭をよぎります。

しかしある方から聞いた話によりますと

起きてしまったことと

起きるかもしれないことに悩むことは意味がないそうです。

なぜなら

どちらもどうすることもできない心配事。

過去は変えられないし

この先の「もしも」や「仮に」や「万が一」は

たいがい取り越し苦労になるそうです。

とはいえ過去を振り返って学ぶことは大いに役立つと思います。

もしもふたたび

キャンプファイヤーにチャレンジすることがありましたら

数々の教訓を生かして失敗を繰り返さないよう肝に念じます。

また、皆さまからの多大なるご支援で

想定をはるかに超える豪華な絵本を作ることができました。

おまけのバッグも簡易的な不織布で製作する予定が

丈夫でオシャレなサコッシュバッグに。

紙の本が売れないと言われる昨今

出版社経由では、箱カバー付きの豪華な絵本など

とうてい叶わない夢でした。

1冊ずつ番号が付いた300冊限定の箱入り娘たちを

どうか末長くよろしくお願い申し上げます。

およそ10ヶ月に及ぶ長い道のりのマラソンを

あたたかく応援していただきありがとうございました。

皆さまと歩んだ紙の絵本完成までの道のりは

本日をもってゴールのテープを切らせていただきます。

お力添えいただきました全ての皆さまへ

感謝に万謝を重ねて。

犬の国人間の国支店

松井雄功、田中マルコ

【本日の名言】

子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て。

アントニオ猪木

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

絵本の見開きページに登場していただきましたワンコの皆さまは、

来年の犬の国のカレンダーにも登場していただきます。

どうぞお楽しみに。

コメント

  1. エーたんママ より:

    素晴らしい作品が完成し、また途中で色々とご心労もあったと思います。
    きっと待ってる方や犬の国の子たちを考えながら葛藤されてだと思います。
    素晴らしい作品が完成し、未来に繋がる奇跡の物語が出来たと思います。
    みんな本を手に取って新しい物語をスタートしたと思います。どうか季節も変わりますのでお身体ご自愛ください。
    どの子もみんな可愛くて全員がMVPですね!

    • marco marco より:

      エーたんママさん、コメントありがとうございました。
      犬の国のマルコです。
      いつもながら素早い!キャンプファイヤーも一番乗りでした。さすがです。
      本当にいろいろありましたが、エーたんママさんにたくさん励ましてもらって、最後まで走り抜くことができました。犬の国の可愛い天使たちもきっと支えてくれていたと思います。

      犬の国も、新しい物語をスタートさせます!
      どうかこれからも応援してください。ありがとうございました!!

    • 國安努 より:

      体調が思わしくないなか、とても丁寧な本を仕上げていただき本当にありがとうございました。ケンケンとリッキーとMikuの写真家の横に飾っています。体調良くなって、次のチャレンジするときは絶対連絡くださいね。まずは、ゆっくり休んでくださいね。

      • marco marco より:

        國安さま、いつもいつも優しい言葉をかけてくださってありがとうございました。
        おかげさまでふたりとも体調が安定し、いつもの生活に戻りました。
        お嫁入りした絵本を良い場所に飾っていただき嬉しいです。
        箱入り娘(絵本)も喜んでいることでしょう。

        次のチャレンジはもう、始めています。
        もう少し頑張って形になりましたら、改めてご報告させていただきます。
        そのときはぜひまた、お力添えをお願いいたします!