紙の絵本制作奮闘記・作るかどうかわかりません(笑)3

「ある日 犬の国から手紙が来て」バンボと仲間たち
紙の絵本制作奮闘記・作るかどうかわかりません(笑)3

本の裏表紙にバーコードがふたつあるのをご存知ですか?
商品コードとISBNコードです。

商品コードは書店のレジで会計をするとき店員さんがスキャンしているバーコードです。金額やら題名やら、その本の情報が埋め込まれている便利なツールです。

もう片方はISBNコードです。

先日いただいた見積書に補足として書かれていたままを引用いたしますと、ISBNコードは「販売を目的としたり、国会図書館などへの寄贈をお考えでなければ特に付与する必要はありません」だそうです。

注目ワードは「国会図書館などへの寄贈」です。

そういえば私たちが最初に本を出版してもらったとき編集の方に、この本は国会図書館に置かれますよ…と教えてもらってビビったことを覚えています。私たちの本なんかでいいんですか?と。
一方ですごく偉くなったような気がして、まず身内に自慢しました。親もビビってました(笑)

その後…しばらくして冷静になったとき、皆さんはどうします?
行ってみますよね国会図書館に。自分たちの本が置いてある景色を見るために。

今だったらググれば住所はおろか、地図で現地まで連れて行ってもらえます。が、当時はガラケーが最先端という時代です。ちなみにアップルが iPhoneを売り出したのは翌年でした。

近くの図書館で住所を調べ、地下鉄に乗って大冒険に旅立ちました。
全くもって馴染みがない場所ですが案外近くにありました。でもね、ノープランで行ったものですから到着したと同時に閉館に。そもそも絵本を一冊出しただけの二人が入って良いのか?「入館料は一人5000円です」なんてケースも想定してお金も握り締めていました。15年前、調べりゃすぐわかるって時代じゃなかったんですよね(笑)

…と、恥ずかしい思い出話を披露させていただき、ますますこの作品が可愛くなってきました。15年分のエネルギーを蓄えて新装版が出るのを待っていてくれたような気さえします。

話を戻して、先に紹介した補足文を再び引用させていただきます。

「販売を目的としたり、国会図書館などへの寄贈をお考えでなければ付与する必要はありません」
で、注目ワードはむしろ「販売を目的としたり」の部分です。

どうやら販売目的で本を作るのであればISBNコードが必要になるようです。

15年前なら出来なかったことですが、「ISBNコード 取得」サクッとググりました。自分たちで取れそうです。動画もあがっていて素人にもわかりやすく解説してくださっています。ありがたい世の中です。

紙の本を出版するためにはISBNコード取得も必須項目になりそうです。

次回、クラウドファンディングを調べます。

サクッとググってみたら…今なら手数料40%引きだそうです。手数料?

電子書籍もどうぞよろしくお願いいたします。
「ある日 犬の国から手紙が来て」バンボと仲間たち

コメント